2022年06月16日(木曜日)

IGR・青い森鉄道 開業20周年記念共同企画について

IGRいわて銀河鉄道株式会社(代表取締役社長 浅沼康揮)と青い森鉄道株式会社(代表取締役社長 千葉耕悦)は、本年12月1日で開業から20周年を迎えます。
これを記念して、直通臨時列車の運行やおトクなきっぷの発売など、共同で企画を実施します。

  1. 青森~盛岡間 直通臨時列車 快速「青森・盛岡ライナー」の運転
    両社の開業および相互直通運転開始20周年を記念し、通常の直通運転区間(八戸~盛岡間)を青森~八戸~盛岡間に拡大した快速列車を、7月と9月の三連休に18本運転します。
    なお、青い森鉄道車両による青森~盛岡間の直通運転は初となります。
  1. おトクなきっぷの発売 ~キャッシュレス乗車にも対応~
    全長203.9kmにわたる青い森鉄道線といわて銀河鉄道線の列車旅を通じて、両鉄道の魅力を再発見いただけるよう、青森~盛岡間をつなぐおトクなきっぷを発売します。
    お客さまの利便性向上と接触機会の低減を図るため、片道タイプとフリーパスタイプの乗車券を設定するとともに、スマートフォンアプリを活用したデジタルチケットでも発売し、キャッシュレスで快速「青森・盛岡ライナー」にもご乗車いただけます。
  1. 今後の展開について
    このほか、八戸~盛岡間のおトクなきっぷや記念グッズの発売を検討するなど、さまざまな企画を通じ、開業20周年を盛り上げてまいります。
    詳細は決まり次第発表いたします。

詳細は、こちら(PDF)をご覧ください。